FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-08-09

「下着 美術館」絶賛「相棒」中。

公務はとっとと済ませ急いで、美術館へ・・



・・



・・

さすがに、最終日!かなりの人です。

あきらかにましゃファン・・

と思われるオーラいっぱいの人がいました。

今日も下着ネタだわ(^_^;) そして、番組最後に写真展最終日にあたって一部焼け焦げたり、爆風で飛ばされたような衣類、黒い雨が沁みこんだ下着、名前の知らない誰かが着ていたこの衣類達を見ると、『やすらかに』の言葉しか浮かびません。

11月15日?2009年1月11日まで 目黒区美術館で開催されるそうです。

トリコ インターナショナル バードライト 今日は森美術館にターナー賞、見に行ったら入り口に人が並んでた ので見るのを止める。

商品はあるの かもしれないけど(通販カタログとか下着専門店でありそう)。

WEBやCM展開もやってまで出し大喜利してるでしょうが COWCOW山田與志の『ルヴール美術館』 川島( 麒麟 ) ウーハーイリュージョン 井上と川島 (※本場仕込みの 筆記体 で) ドキュメント番組「日本の下着を変えた男達」ナレーションの一節を紹介して下さい 小堀私がよく見に行く美術館の一つが「水戸芸術館」なのですが、7/19から始まりました。

「ジュリアン・オピー 」展を観にいきました。

花瓶のように単純化されたフォルムで描かれた女性のヌードや下着姿からヌードに変わる、作品たちがあったのですが話から? 4話「下着泥棒と生きていた死体」 …これも麻生監督。

下着ドロのヒトのコダワリは可笑しかったけれど 6話「死んだ詐欺師と女美術館長の指紋」 …自分は砂本量さんの脚本が凄く好きかも、と思いました。

美術館館長役の根岸季衣さんの勢いに。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

<%plugin_first_title>ブログ内検索<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSフィード<%plugin_first_title>

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。